本文へスキップ

定年後対策にも人気!マンション管理士

管理業務主任者/マンション管理士

マンション管理士 資格取得

マンション管理士合格講座

管理業務主任者

■資格内容

管理業務状況を確認・報告 
増大するマンションの重要性を受け、平成12年に「マンションの管理の適正化の推進に関する法律」でマンション管理業が登録制となり、それにともなって管理業務主任者という資格が定められた。管理業務主任者とは、管理受託契約の重要事項の説明から、受託した後の管理業務の状況確認・報告まで、マンション管理のマネジメント業務を担う者である。また、マンション管理業者が登録を受ける際には、事務所ごとに30管理組合につき1名以上の管理業務主任者を置かなければならない。


■試験内容

マンション管理士は一部免除 
国土交通大臣指定の高層住宅管理業協会の行う管理業務主任者試験に合格し、管理業務主任者として登録し、管理業務主任者証の交付を受けることで、管理業務主任者となることができる。試験は択一式で全50問の筆記試験で、マンション管理士の合格者であれば、出題範囲のうち「マンションの管理の適正化の推進に関する法律」に関する5問が免除される。


■試験情報
受験資格: 特に制限なし
試験科目: 出題範囲は、管理事務の委託契約、管理組合の会計の収入及び支出の調定並びに出納、建物及び附属施設の維持または修繕に関する企画または実施の調整、マンションの管理の適正化の推進に関する法律、前各号に掲げるもののほか管理事務の実施について
申込期間: 8月上旬~9月下旬
試験日: 12月上旬
試験地: 札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡、那覇
受験料: 8,900円
受験者: 21,113人(平成21年度)
合格率: 20.5%(平成21年度)


■問い合わせ先
(社)高層住宅管理業協会
住所:〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-13-3虎ノ門東洋共同ビル2階
TEL:04-7170-5450(コールセンター)


ユーキャンのマンション管理士合格講座

住民の立場の相談役「マンション管理士」と、管理業者で活躍できる「管理業務主任者」
2つの国家資格が、同時に狙えます!

2資格の出題分野の多くが、重複しているので、勉強しやすい。

資格取得目指すならユーキャンのマンション管理士合格講座で!!

無料資料請求はこちらから